京都府立医科大学大学院 病態分子薬理学教室

English
menu

京都府立医科大学大学院 病態分子薬理学

About us

薬理学は、薬物と生体の相互反応を解明し薬物治療を発展させる学問であり、医学と薬学が重なる領域を担当します。

当教室が特に注力している疾病に「がん」と「生活習慣病」があります。この2つはいずれも現代社会が克服すべき難題であり、医学の現場では日進月歩で新たな知見が得られている一方それに基づく治療戦略は複雑化しています。私たちは、特にこれらの分野での基礎研究に熱意をもって取り組み、その成果を臨床現場における薬物療法にも応用できる研究者・医療従事者の育成を目指します。

教室紹介

NEWS

  • 2022-04-01
    ホームページをリニューアルしました。
  • 2022-03-07~09
    第95回日本薬理学会年会に参加しました。
  • 2021-10-01
    楳村敦詩 教授が着任されました。
more news